●社長のロハス日記●東北支援「相馬応援ツアー」

常盤館も協力させていただいております。

千曲運輸株式会社のフェイスブックページより抜粋
震災から1年が過ぎました。

相変わらず、被災地は瓦礫の山と復興の道筋すらも見えない状態で、
避難生活を送っている人たちは、それでも見えないゴールを信じて日々戦っています。
しかしその影では皆さん涙を流しながらお互いを支え合って生きています。

被災地は何も変わっていません・・・

M3R-NAGANO(Minami 3-Riku – Nagano)は昨年1年で物的支援を中心に支援活動を行ってきましたが
この状況を鑑み、今後は被災地の皆さんのメンタル支援を主たる活動に切り替えていくことにしました。
特に震災と原発の被害の両方を受けている相馬市の皆さんに注力してこうと考えています。

【相馬応援ツアー】
概況:相馬市は現在1500世帯の仮設住宅に3000名以上の被災者が未だに生活をしています。
生活をしている方は高齢の方が多く、移動するための手段が乏しく現在までの生活を
仮設村で過ごしています。

コンセプト:相馬市で震災以来仮設村から出ていない方を信州小諸の地に招き、
温泉に入っていただきながら日頃の疲れを癒し、復興への力をつけてもらう。

・日時 平成24年4月23日(月)~24日(火)
・場所 長野県小諸市 菱野温泉「常盤館」

・ツアー内容

○民謡・踊りの披露(相馬市、地元)
○小諸市内の観光
○被災地の現況を知るための情報交換

・参加費用 10,000円(税別、夕食、翌朝食付き) ※支援してくださる方の価格です(決定)

費用の一部は相馬市の方々をお招きするための費用に充当いたします。
常磐館様には支援活動に多大なるご理解を頂き、料金面でも相当のご協力を頂いております。

・募金のお願い
今回の支援活動には多くの資金が必要となります。
ツアーに直接参加いただけない方でもツアーを支援するための義援金で
協力いただければ幸いに存じます。
一口1,000円から何口でも結構です。
本ツアーは継続的に行い、最終的には相馬で避難生活をしている全員をお呼びしたいと思います。

義援金の使途については公正を期すために銀行振込にて受付を致します。
<振込先>
上田信用金庫 岩村田支店
普通 4023124 エムスリーアールナガノ

・申込期日 平成24年4月12日(木)
・申込先  M3R-NAGANO事務局(千曲運輸株式会社内)
電話 0267-23-4571 担当:菊池
人数の関係で参加できないこともございます。

今回は相馬市より20名程度の方々をお呼びする予定です。
避難生活をしている方の生の声を聞けるまたとないチャンスです。
相馬の方々は多くを求めてはいません。
ただ、皆さんの暖かい声を聞き力をもらいたいのです。

仮設のお風呂はゆっくりと入れるものではありません。
皆さんの少しの気持ちが何人もの笑顔を作ることが出来るのです。

是非ともご協力の程、宜しくお願いいたします。

詳しいお問い合わせ M3R-NAGANO事務局(千曲運輸株式会社内)
        0267-23-4571 担当:菊池

カテゴリー: ◆ふわり家情報◆, ◆最近の出来事◆, 副支配人の現場報告!, 社長の●ロハス日記●   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です